生原酒本醸造ボトル缶のレビュー!生原酒ならではのコクと旨味に脱帽【日本盛】

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_top 日本酒

どうも、ワンカッパー橋本(@onecupper_sh)です。

今回はカップというより、ボトル缶の日本酒をご紹介。

ボトル缶はふなぐち菊水一番しぼりを飲んだ以来。

今回は日本盛さんから出ている生原酒ということで、かなり期待できる一本ですよ。

日本盛 生原酒本醸造ボトル缶の商品情報と価格

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_商品情報

まずは商品情報からどうぞ。

  • 商品名:日本盛 生原酒本醸造ボトル缶
  • 価格:286円(税込)
  • アルコール度数:19〜20度
  • 日本酒度(飲みやすさ):-6(甘口)
  • 容量:200ml
  • 酒造名と県名:日本盛(兵庫県西宮市)
  • 公式サイト:http://www.nihonsakari.co.jp/namagenshu/

パッと見て驚くのがアルコール度数の高さ。

19〜20度ですが、理由としてはアルコール度数を調整する割水(希釈)を行っていないためこの高さのよう。

また、加熱処理を行わずに作られた生酒だけあって、価格も286円と高額。

飲む前から楽しみな一本です。

created by Rinker
日本盛
¥8,505 (2020/10/28 18:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

日本盛 生原酒本醸造ボトル缶の特徴

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_QR

生原酒本醸造ボトル缶の特徴としては下記の2つ。

  • 生酒(=加熱処理を行っていない)のため新鮮
  • 原酒(=割水を行っていない)のため、味わいが濃厚

生貯蔵酒や日本酒は、製作段階で火入れを行うのが一般的。

しかし、この生原酒本醸造ボトル缶では、火入れは一切行われていません。

その分、豊かな風味と香り、まるで出来立てのような新鮮さで味わうことが可能です。

日本盛 生原酒本醸造ボトル缶の味をレビュー

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_飲む前

もう待ちきれないので飲んでみましょう…!

アルコール度数が高めなので、お水は必須。

開けた瞬間にお米の香りがふんわり。ここまで香るのは珍しい。

一口飲んでみると、口の中で旨みが一気に広がります。これを飲みにくいと感じる人もいるかも。。。日本酒度も-6なので、あっさりはしていません。

飲み込む際は、濃醇な味わいと、重みのあるコクをダイレクトに感じます。

定番のカップ酒ばかり飲んでいた僕は、少ししんどさを感じました。おいしいんだけど、ずっとは飲み続けられない笑

味わいとしてはふなぐち菊水一番しぼりと近いかな。

また、パッケージはボトル缶なので、遮光性&密封性に優れているほか、リキャップも可能です。

一度に飲み干す必要がないのは嬉しいですね。

日本盛 生原酒本醸造ボトル缶はどこで買える?

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_キャップ

比較的目にする生原酒本醸造ボトル缶。

僕はコンビニで買いましたが、スーパーなどにも置いてありました。

全国的に流通しているかもです。

オフィシャルサイトはもちろん、Amazonや楽天といった通販サイトでも購入可能。

created by Rinker
日本盛
¥8,505 (2020/10/28 18:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

日本盛 生原酒本醸造ボトル缶のレビューまとめ

日本盛生原酒本醸造ボトル缶_top

カップ酒の中では高額な生原酒本醸造ボトル缶。

しかし、このシリーズ、他にも3種類ほどあり、今回の生原酒本醸造ボトル缶は同シリーズでも最も安価なよう。笑

他のシリーズはお店ではまた見たことないので、酒蔵のある関西に行った時にでも購入しようと思います。

created by Rinker
日本盛
¥8,505 (2020/10/28 18:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました