菊正宗 ネオカップ樽酒を飲んだ感想!杉の香りが魅力の紙カップ酒【菊正宗】

ネオカップ樽酒_top 日本酒

どうも、ワンカッパー橋本(@onecupper_sh)です。

カップ酒といえば、ガラスの瓶で保存されていることがほとんど。

しかし、中には素材が紙のものもあるんです!

今回はそんな紙カップが特徴的な「菊正宗 ネオカップ樽酒」を飲んでみた感想をレビューします。

少しお高めのカップ酒だけあって、風味も秀逸な一本でした。

菊正宗 ネオカップ樽酒の商品情報と価格

ネオカップ樽酒_木目

まずは商品のスペック情報からどうぞ。

  • 商品名:菊正宗 ネオカップ樽酒
  • 価格:209円(税抜)
  • アルコール度数:14度〜15度
  • 日本酒度(飲みやすさ):+2.5(辛口・やや淡麗)
  • 酒造名と県名:菊正宗酒造(神戸市東灘区)
  • 公式サイト:https://www.kikumasamune.co.jp/

「灘の酒」として全国的に有名な神戸の灘エリア。

その中のひとつの酒蔵「菊正宗」が手掛けているカップ酒になっています。

菊正宗といえば生酛(きもと)造り製法が有名な酒造。(日本の酒造ではほとんど行われていません)

水・米・米麹の状態から手作業でお酒を作っていくため、かなりの時間と手間がかかって出来上がるお酒になります。

さらにそのお酒を、吉野杉を使った樽に詰めて樽酒に。

お酒自体に杉の優しい香りがつき、芳醇なお酒に仕上がります。

created by Rinker
菊正宗酒造
¥4,711 (2021/05/11 09:59:25時点 Amazon調べ-詳細)

菊正宗 ネオカップ樽酒の特徴

ネオカップ樽酒_正面

酒樽にも使う吉野杉をイメージしたパッケージの菊正宗 ネオカップ樽酒。

ガラス製の多いカップ酒ですが、菊正宗 ネオカップ樽酒の素材はなんと紙!

触った感覚はチルド容器のカフェオレに近いです。

紙のため、捨てるときは燃えるゴミで廃棄可能。

持ち運びにも便利で、環境にも優しい素材になっています。

全国的にも珍しい生酛(きもと)をふんだんに使った日本酒で、キレのある淡麗辛口を生み出しています。

生酛(きもと)に関しては菊正宗の公式サイトに詳しく書かれているので、気になる人はお読みください。

>>菊正宗公式サイトで生酛についてチェックする

菊正宗 ネオカップ樽酒の味をレビュー

ネオカップ樽酒_吉野杉

表面は紙素材の菊正宗 ネオカップ樽酒。

プラスチックである上蓋を取ると、蓋にも杉のデザイン。かなり渋いです。

ネオカップ樽酒_木目のふた

ぺろっとめくってみると、少し色味のある樽酒が。

気になる飲み口と内面は全面にプラスチックが使われており、飲みやすく設計されています。

ネオカップ樽酒_開封

これまで飲んだカップ酒の中でも、かなり香りが爽やか。樽に使われている杉の香りもほのかに感じます。これは飲む前から気分良くなる…!

日本酒度+2.5ということで、最初の一口目はすんなり入ってきます。

コクはほどほどに感じますが、甘さや重さを感じることはなく、これぞ淡麗と言わんばかり。

冷酒にして飲んだのですが、キレも増して、スッと飲みやすい印象です。これははまりそう。

飲みながら、菊正宗の樽酒について調べていたのですが、樽から手作業で作るようで。。。手間暇かけてこだわり抜いた製造法にファンになっちゃいます!

created by Rinker
菊正宗酒造
¥4,711 (2021/05/11 09:59:25時点 Amazon調べ-詳細)

菊正宗 ネオカップ樽酒はどこで買える?

今回はイオンで入手。

大きめのイオンだからあったのかな。近所のコンビニでもちらほら見かけたので、意外と身近にあるのかも。

一本200円を超えますが、カップ酒に興味のある人であればぜひ試して欲しい一本です。

created by Rinker
菊正宗酒造
¥4,711 (2021/05/11 09:59:25時点 Amazon調べ-詳細)

菊正宗 ネオカップ樽酒のレビューまとめ

ネオカップ樽酒_飲み口

カップ酒で菊正宗のお酒をいただくのは初めてでしたが、完全に惚れてしまいました。

カップ酒以外に、菊正宗の清酒や、瓶詰めされた樽酒も飲んでみたいです。

菊正宗はネットショップもあるので、気になる人はチェックしましょう。

>>菊正宗ネットショップはこちら(公式サイトへ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました