上撰松竹梅200ML壜カップを飲んだ感想!バランスの取れた軽快な一本【宝酒造】

上撰松竹梅200ML壜カップ_top 日本酒

どうも、ワンカッパー橋本(@onecupper_sh)です。

今回は宝酒造から出ている松竹梅シリーズの第2弾!

前回は「天」をいただきましたが、今回は上撰松竹梅200ML壜(びん)カップをいただいてみたのでレポします。

上撰松竹梅200ML壜カップの商品情報と価格

上撰松竹梅200ML壜カップ_商品情報

まずは商品スペックからどうぞ。

  • 商品名:上撰松竹梅200ML壜カップ
  • 価格:220円(税抜)
  • アルコール度数:14〜15度
  • 日本酒度(飲みやすさ):+1(普通)
  • 容量:200ml
  • 酒造名と県名:宝酒造(京都市伏見区)
  • 公式サイト:https://www.takarashuzo.co.jp/

 

以前飲んだ「天」よりも60円ほど高い上撰松竹梅200ML壜カップ。

アルコール度数も1度高くなっていますね。

ちなみに、宝酒造はカップ酒や日本酒に加え、梅酒や缶チューハイなんかも有名な京都の酒造メーカーになります。

上撰松竹梅200ML壜カップの特徴

上撰松竹梅200ML壜カップ_正面

オーソドックスなカップ酒の上撰松竹梅200ML壜カップ。

特徴としてはパッケージにも書かれた「蔵付き半兵衛酵母」で仕込まれている点。

蔵付き半兵衛酵母とは?

上撰松竹梅200ML壜カップ_酵母

蔵付き半兵衛酵母は、松竹梅独自の仕込み方法で、滑らかな味わいを引き出す製法になっています。

公式サイトによると、下記の通り。

上撰松竹梅は、長年の酒造りの歴史のなか、酒蔵で育まれた「蔵付半兵衛酵母」により仕込んでおります。当社のある、酒どころ伏見・竹中町は安土桃山時代に軍師「竹中半兵衛」の一族の屋敷があったことに由来しており、松竹梅の蔵付き酵母はこの軍師の名にちなんでいます。(引用:宝酒造公式サイトより)

宝酒造が始まったのは1842年なので、150年以上続いている製法になります。

すげー歴史が長いです。

上撰松竹梅200ML壜カップを飲んだ感想

上撰松竹梅200ML壜カップ_飲む前2

早速飲んでみましたが、日本酒度の偏りもなく、さっぱりした印象。

淡麗寄りなので、飲みやすいですね。一気飲みに注意。笑

だからといって、決して淡白ではなく、しっかりお米の風味も感じられます。

以前飲んだ「天」よりも好みです^^

上撰松竹梅200ML壜カップはどこで買える?

created by Rinker
松竹梅
¥6,930 (2021/03/03 06:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

今回はスーパーで買いましたが、わりと置いているところは限られているよう。

確かにコンビニでは見たことないかも。。。

通販では販売されていますがケースになります。

上撰松竹梅200ML壜カップのレビューまとめ

上撰松竹梅200ML壜カップ_top

飲みやすく、しかし飲みごたえもあるバランスの良さが好みの上撰松竹梅200ML壜カップ。

このお酒を飲んだことで、蔵付き半兵衛酵母や宝酒造のちょっとした歴史も知れたので、満足です!

見つけた人はぜひ一本お試しください。

created by Rinker
松竹梅
¥6,930 (2021/03/03 06:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました